ソーシャルレンディングのいろはとは

インターネットの普及により、さまざまな業界で大きな変革が起きています。ネット通販の普及がもたらした流通業界の大変革は言うに及ばず、宿泊業に及ぼす民泊サイトの影響など、多くの実例が挙げられます。そうした変革の波は金融業界も例外ではありません。特にソーシャルレンディングとも呼ばれる投資型・貸付型のクラウドファンディングは、資金の新しい融資手法として注目されています。投資型クラウドファンディングは専門の事業者が仲介し、インターネット上で投資家と借り手を募集する方法です。個人が企業への融資を行なうには、従来の仕組みでは貸金業の登録が必要でした。投資型クラウドファンディングでは、事業者と利用者が匿名組合出資契約を結びます。融資を受ける企業と投資家は、互いに相手がわからない状態で資金をやり取りすることになります。そうすることで貸金業法違反を回避し、インターネットを通じた効率的な融資が可能となるのです。

ソーシャルレンディングのメリット

すべてインターネットを介した手続きに徹することにより、ソーシャルレンディングは大幅なコスト低減を実現しました。そのため投資型クラウドファンディングには、5%を上回るような高利回り案件が多くなっています。長期間の投資ほどリスクは高くなりますが、さらに高い利回りが期待できるのです。1万円からの少額投資も可能なため、誰でも気軽に利用できる点も投資型クラウドファンディングのメリットです。少額投資による分散投資に徹すれば、クラウドファンディングに付きもののリスクも分散できます。銀行の定期預金や国債などと比べてもはるかに利回りが高い上、案件によっては毎月配当金を受け取れるケースも少なくありません。投資型クラウドファンディングは1ヶ月からの短期間投資も可能ですので、リスクをさらに低減できます。長期的な投資とは別に、少額ずつの短期分散投資を設定するコア・サテライト戦略も実現可能となってくるのです。

借り手側から見た場合のメリット

投資型クラウドファンディングは借り手側にとっても大きなメリットがあります。特に起業したばかりの人や経営規模の小さい企業にとっては、銀行から融資を得るのは至難の業です。そんな企業でも投資型クラウドファンディングを利用すれば、低金利での資金借入が可能になります。従来の貸金業や金融機関と違って、投資型クラウドファンディング会社はインターネットを最大限に活用しています。コスト低減分が金利の低さとなって借り手側にもメリットをもたらしているのです。金融機関から融資を受ける場合は最低1ヶ月の審査期間が必要でしたが、投資型クラウドファンディングでは数日で審査が済みます。早く資金を調達したい企業にとっては、この融資審査の短さという点も見逃せません。このようにソーシャルレンディングは、借り手側の企業と投資家双方にとって合理的な融資形態です。海外と同様に国内でも今後は仲介事業者が増えるものと予測されます。

気に入った案件がありますたらすぐに投資を実行することができます。 中小企業支援向けのローンファンドにご興味のある方はこちらへ。 投資口座開設から投資まではらくらくたったの4ステップ。 ソーシャルトレーディングをお考えの方はお気軽にお問い合わせください。 ソーシャルレンディングという新しい投資手法を始めてみませんか? ソーシャルレンディングを通して事業資金を融資してみませんか? ソーシャルレンディングなら中小企業をサポートのこちら